オリジナルTシャツを最短期間で作成する場合の注意点

オリジナルTシャツは、スポーツチーム、ボランティア活動などさまざまなシーンで作成され活用されています。周囲から見ると一体感を感じるものであり、一つのグループであることが一目瞭然でわかります。実際に着られている方にとっては、そのグループの一員として、ご自身の役割が付与された思いになり、最大限の力を発揮する原動力ともなります。このような、アイテムとなるオリジナル商品ですが、20年以上前から作成してくれる店舗はあり、カタログなども置かれていました。 ここ最近は技術の進歩も早く、オリジナル商品の作成窓口は多様化しており、インターネットによる発注できる会社も増えてきています。作成期間の短縮化が進む一方で課題もあります。下記では、オリジナル商品の作成期間や作成過程における課題について述べていきます。

オリジナルTシャツの作成と作成期間

オリジナル商品の作成については、ずいぶん前から取り扱い事業者があり作成されていました。一つ一つのTシャツに異なる名前や背番号などを入れることもでき、多方面で活用されていました。従来は、カタログを店舗に用意し、カタログのいくつかある型の中からご自身のグループにフィットするものを選択し、発注から最短で1週間ほどの期間を経て納品を受ける仕組みでした。しかし最近では、多くの製品がインターネットによる購入が可能なようにオリジナルTシャツも購入窓口ができています。 最短の店舗では、即日注文、即日発送というスピード納品が可能な会社もあります。技術進歩によりこのような競争が生まれていますが、一方で、スピード発送によるさまざまなデメリットも生じています。業者と発注側による意思の違いにより生まれていますが、業者選びの際に発注者が事前に気を付ければ問題がおこりにくい点について下記で述べていきます。

業者を選ぶ際に気を付けるべき注意点について

発注者にとっては、注文をしてすぐに商品を作成して発送してくれるため段取りが遅くなっていても助かる仕組みになってきています。一方で、次のようなトラブルも発生しているようです。思っていたデザインと異なる形で送られてきたこと、一度洗濯をすると色落ちすること、素材が悪く首回りの部分がすぐに弛んで使用できなくなったことなどデメリットも生じています。 発注される際に業者側に確認できる事項としては、一度作成したもののサンプルを見ることができるか、Tシャツに使う素材はどのようなものか、プリントする際に使うインクは何かなどです。作成実績が多く、カタログなども用意している店舗であれば顧客も多く、こういったトラブルが発生するおそれが低いですが、ネットでは実績がわかりませんのでよく確認する必要があります。これらの点をクリアの上、なおかつ即日発送してくれる店舗があるならば、非常に人気のでる店舗といえるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加