オリジナルTシャツを制作する時の料金は通販を活用すれば手頃

社内行事や学園祭などのイベントでよくイベント向けのTシャツの制作が行われますが、市販で売られていない自身がデザインしたシャツを着たい場合でも制作することが可能です。街を歩いていたら同じ様なデザインのシャツを着た方に遭遇すると気まずくなりますが、オリジナルに制作すれば世界でもたった一つの自分だけのシャツを着ることができます。 市販の物はデザインが優れていなかったり、生地自体が納得がいかない点もあり、ファッションに拘りたい人にとっては料金をかけてでも、オリジナルTシャツを制作すると良いです。ネット通販ではデータ原稿を入稿して生地やサイズ、カラーなどを指定するだけで簡単に制作を行うことができます。1枚から対応してくれますが、事前に見積もりを行う形になり、納得がいけば注文する流れとなります。

アイテム代とプリント代が制作のポイント

オリジナルTシャツは、入稿データを用意してプリント方法を検討していけば、後は自動的に見積もり額が提示されます。Tシャツを制作する上では、ベース生地のアイテム代、製版代、プリント代、送料の4つの料金がかかることも多いです。ネット通販でもそれら4つのコストをかかるお店も存在し、特に製版代は価格的にも高い場合が多く、使用する色数によって割高になる可能性もあります。近年はダイレクトプリントで製版を行わない通販も増え、それだと版代もかからずに済むため、格安で制作が可能です。 今まで一枚だけの制作のため、高い製版代を支払わなくてはならないことに躊躇しましたが、それを意識しなくて済むのは大きなメリットとなります。アイテム代とプリント代、送料を意識するだけで済むのは画期的なサービスです。

プリント代の相場はプリント方法により決まる

1枚からオリジナルTシャツを制作したい場合、製版の料金がからない通販サイトを選択することは必須です。一方では版代がかからないことを理解しても、詳細のプリント代がどのくらいかかるのかは、Tシャツ制作の中でももっとも気になる事項です。 当然、プリント代の相場はプリント方法とプリントするサイズ、場所、点数によって決まりが存在しますが、概ね数百円から二千円までの範囲内に収まるのが一般的となります。場合によってはTシャツ一枚を市販で購入する料金と変わらない相場で制作を行うことも可能で、多くの方にも支持されています。もちろんイベントでの枚数を揃えなければいけない場合も利用でき、個人用の1点だけから、枚数を揃える場合といった具合に、注文者のニーズの幅に合わせて利用することが可能です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加